エステ用品エステ集客まつげエクステ新宿まつげエクステ池袋まつげエクステ青山まつげエクステ秋葉原イタリア料理用語集

2006年11月12日 激安格安通販情報!人気ヒット商品サービス雑学放送局

液晶プラズマテレビ比較違い

液晶テレビ

1982年にエプソンが世界で初めて液晶ディスプレイを使用したテレビ付きデジタル時計を販売しましたが、最初に液晶テレビを商品化したのはシャープです。


液晶テレビの長所は、低消費電力・低反射性・長寿命・薄型が可能あり、液晶テレビの短所は応答速度が遅く、速い動きのあるシーンでは残像感があります。また、コントラストが低いことも問題です。


液晶テレビの主なメーカーには「シャープ」「ソニー」「パナソニック」「東芝」「日立」「ビクター」「三菱」「サンヨー」などがあります。



プラズマテレビ

1992年に富士通の篠田傳が世界で初めてプラズマディスプレイを使用したテレビを開発しました。


プラズマテレビの長所は大画面になるほど価格が安くなることや、視野角が広いく 応答速度が速いことです。また、映像の動きもなめらかです。


プラズマテレビの短所は 消費電力が多く発熱量が多いことで、薄型化にすることが困難なことです。


液晶テレビとプラズマテレビを比較した場合、一長一短で違いを比べるのが難しいかもしれません。


デジタルテレビの盟主が、どちらのテレビになるのか今の段階ではわかりません。


消費者は何を比較し、どんな違いを見極めて商品を購入するのでしょうか。



液晶テレビ価格下落

薄型液晶テレビの価格が、40型(インチ)以上で急速に下落し、去年の価格と比較して違いが大きく出ています。


有力メーカー各社は、薄型液晶テレビを年末商戦での主力に据え、実勢価格で1インチ当たり1万円を切る商品を投入し始めています。


薄型液晶テレビ大画面は、これまで松下電器産業を中心とするプラズマテレビ陣営の得意分野とされてきました。


主力商品のサイズの接近で「液晶VSプラズマ」の競争も激化しそうです。


1年間ほど42万円前後で安定していた42〜49型薄型液晶テレビの単価は、6月以降は価格が低下して、8月には35万円前後になりました。


薄型液晶テレビ首位のシャープは42、46、52型の「アクオス」の新製品を年末商戦に投入します。店頭想定価格は42型で45万円、52型では60万円だそうです。


量販店が導入しているポイント還元などを考えると、実質的には1インチ当たり1万円を切ると予想されています。


シャープが昨年発表した57型(152万円)と比べ、1インチ当たりでは6割も安いことを考えると、いかに液晶テレビの価格が低下しているかわかります。


2位のソニーは年末商戦向けに「ブラビア」の新製品を投入します。ソニーでは最大になる52型は80万円前後ですが、46型、40型は各50万、40万円程度と1年前より約15万円安い価格に設定されています。


ソニーも来秋、大型画面を効率的に生産できる最新鋭パネル工場を稼働させて、価格競争を勝ち残るために体制を整えます。
TVゲーム電化製品AV機器 激安格安通販情報!人気ヒット商品サービス雑学放送局
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。